star_of_bba’s diary

甲状腺、卵巣と立て続けに手術したのち台湾旅行に行きました。

ディナゲストのジェネリック再開1か月めの状況

f:id:star_of_bba:20180214224028j:plain:w110

 医者に切々と生理の辛さを訴え、およそ半年ぶりに処方を再開されたディナゲスト。正確には、私はジェネリック製品を選択しているので、私が飲むのはジエノゲストという薬になる。ちなみに、前回は薬局に在庫がなかったので、最初の1か月はディナゲスト、残りの1か月はジエノゲストを服用したけど、両者の違いはとくに感じられなかった。まあそれがジェネリックというものなんだろう。
 前回飲み始めた時と違っていたのは、服用を開始する時期の指定があったこと。生理が来て2~3日目から飲み始めてね、と言われたのだ。前回は何も言われなかった。インターネットで調べると、今回のように生理が来て数日後から飲み始める人が多いみたい。まぁ前回は手術が2か月後と目前に迫っていたので、服用開始の時期なんて悠長なことは言ってられなかったのだろうと思う。
 処方された日から1週間後くらいに生理が始まったので、そこから3日後に服用を開始した。開始の時期が関係しているのか、前回のような大量の出血や激しい腹痛は起きなかった。 www.ribbons-and-laces-and-sweet-pretty-faces.site

 服用すると程なくして影響を感じるようになった。まず、普段5~7日程度で終わる生理がゆるやかに10日程まで長引いて、そこから徐々に徐々に出血が減っていった。ただし、出血は減っただけで完全には無くならない。布のおりものシートを常時着けていないと下着が汚れてしまうくらいの量で続いている。ここまで落ち着いてからの出血量がずっと同じなので、いつか止まるという気があまりしない。
 腰や腹の痛さとかだるさは生理前後に感じるものよりはだいぶマシ。ただゼロでは無いので、今後に期待。食欲は前回のような驚異的な膨らみ方はしていない。でも、食欲が異常だなと感じたのが入院直前、つまり服用開始してから2か月ほど経った頃なので、これは今後も用心しておかないと。

 お金はかかるし不正出血はわずらわしい。それでも、生理にまつわる不調のあれこれよりだいぶマシ。薬による諸症状は飲み続けると無くなる人が多いらしいし、とにかく今は続けてみて、薬とうまく付き合っていけるようにしたい。


★服用後2~3か月めの様子↓

www.ribbons-and-laces-and-sweet-pretty-faces.site