star_of_bba’s diary

甲状腺、卵巣と立て続けに手術したのち台湾旅行に行きました。

甲状腺(濾胞腺腫瘍)を取る手術後の外来診察(半年ぶり4回目)

f:id:star_of_bba:20171112234901j:plain:w110

 甲状腺の手術から1年と1か月が過ぎて、前回の外来診察からは半年後の診察に行った。

www.ribbons-and-laces-and-sweet-pretty-faces.site 私の通っている病院は甲状腺の病院として非常に有名で、空いているという事がまずない。予約という制度も無く、医師に指示された時期に自分で行ける日を選んで行って受付した順番通りに呼ばれるのを待つシステムだ。ただ診察受けるだけで最低でも2時間くらいかかる。普段は朝から行ってるのだが、一縷の望みを持って午後の診察を選んで行ってみた。午前中は会社に行き、午後休を取って、待ち時間でお昼を食べるつもりでまっすぐ病院へ向かった。行ってみると当ては全く外れていた。何なら午前の患者さんが午前に収まりきらず、午後の診察にずれ込んでいるような有様で、事態はより悪くなっていた。なんてこった。

 ひとまず受付で保険証の確認をしてもらう。それから、血液検査へ行ってくださいと案内された。診察は午前と午後に分かれるが、検査の類は1日ぶっ通しで行われている。幸い、血液検査は待つことなくすんなり済ますことができた。今回は手術から1年経過しているということで、超音波検査も受けなくてはいけない。採血が終わると、そのまま超音波の検査室へ向かうように言われる。超音波室の前は、採血室の様子からは想像もできないような大混雑だった。

 この病院では予約がない代わりに、診察券を通すと自分の診察の順番が何番目か分かるシステムがある。それで順番を確認してまだまだ呼ばれないと分かれば自由に外出できる。超音波検査室の前にもこのシステムがあったので、とりあえず自分の順番を調べてみた。私は30番目だった。システムの横に、待ち人数と待ち時間の目安が書かれていたので読む。60人でおよそ60分とあった。ということは、30人待ちならおよそ30分くらいか・・・。どうせなら、ゆっくり昼食を食べたい。30分だと外出してお昼食べて・・とするにはちょっと焦ってしまうな。そう思って、おとなしく待合室で待つことにした。だいたい40分くらいして呼ばれて、検査が終わったのは待ち始めてからちょうど1時間後くらいだった。もう午後の診察が始まる時間は過ぎていたので、そのまま診察へ向かう。

 診察のフロアでも待ち人数の確認ができる。私は25番目と出た。これまた微妙な人数だ。診察だから検査程サクサク進まないだろう、今度は30分よりもう少し待つだろうとは思ったが、果たしてそれが40分なのか60分なのかそれ以上なのか、皆目見当もつかない。このフロアのシステムには待ち時間の目安も書かれていない。検査と違って一人ひとり違うことやるんだから目安は難しいだろう。これが30人とか出てればなんとなく余裕がある気がしてお昼を食べに出かけられたのだが。落ち着かないままお昼を食べるのが嫌で、結局そのまま病院で順番を待つことにした。これが大失敗だった。結局、そのまま1時間半飲まず食わずで呼ばれるのを待つことになった。予測って難しい。

 診察室では見覚えのある医師が待っていた。たしか、2回目か3回目、まだ何の診断も付いていない時に診てもらった医師だ。簡単な問診が始まる。その後どうですか。特に問題ないです。そうですか。あの、ただ…

「寝汗がすごいんです。これって何か関係あるんでしょうか。」

 そう。この冬、私は寝汗がものすごくひどい。毎日熱出して寝込んだ人みたいな汗のかきかたをする。起きるとパジャマから下着からぐっしょりなのだ。すぐ着替えないと本当に風邪を引いてしまうと感じるくらいにびしょびしょに濡れる。他に何か症状があるわけでもないし、生活に支障が出ているわけでもないのだが、とにかく寝起きが不快できつい。何が原因なのか知りたかった。

「いや、無いですね。」

…あ、そうですか。はい。分かりましたー。「血液検査の結果もすべて正常の範囲内になってますから、今の薬の量が合ってるという事ですので、このまま続けていきましょう。超音波の結果でも腫れなどの異常は特に見当たりません。」はーい。「前回と同じ日数分の薬出しますから、また半年後に来てください。」はーい。

 前回は少し基準より高い項目があったが、それも見事に基準値内に収まっていた。寝汗の原因は分からないままだが、ひとまず安心。診察はあっさり3分ほどで終わった。診察室を出てしばらくすると、看護師さんが預けていた診察カードを持ってきてくれた。お礼を言って会計に向かう。この日は初めて会計でも待たされた。10分ほど待って会計を済まして、同じ院内にある薬局の窓口で薬をもらい、ようやく終了。ここまで2時間半。病院を出たのは16時過ぎ。狙っていたお店のランチがちょうど終わる時間だった。がっかり。

<br/>

★寝汗については卵巣の病院でも聞いてみた↓

www.ribbons-and-laces-and-sweet-pretty-faces.site