star_of_bba’s diary

甲状腺、卵巣と立て続けに手術したのち遊び歩いてます。

キャンプ3回目@橋立川キャンプ場①(ロケーションやキャンプ場について)

前回のキャンプから1ヶ月ぶり3回目のキャンプに2泊3日で行ってきた。初の連泊キャンプだった。



場所

埼玉県秩父市の橋立川キャンプ場にした。区切りのない河原のキャンプ場で、川が綺麗で自然が豊かそうだったこと、最寄駅から歩けること、ネットの口コミの評判が良かったことなどが選んだ理由。

最寄駅は浦山口駅。西武秩父駅から5分ほど歩いたところにある御花畑駅で秩父鉄道に乗り換えて2つめの駅だ。御花畑駅はどえらい混雑だった。秩父鉄道では本数限定でSLが走るのだが、その発車時刻が近かったらしい。SL目当ての人が多かったので電車自体は空いていた。


秩父鉄道は懐かしい紙の切符、鋏の改札だった


今回、キャンプ場の予約で安心してしまい、秩父までの電車の手配がすっかり抜けていた。慌てて前日の夜、何とかお昼ごろ秩父に着く特急を見つけて予約した。出発の当日、西武線池袋駅の券売機や窓口には長い行列ができていた。ゴールデンウィーク真っ只中だったので、予約できたのはかなりラッキーだったと思う。西武線の特急は購入して発券する必要もないオンラインのサイトがオススメです。

www.seiburailway.jp



キャンプ場

予約は電話のみ、おばあちゃんが管理している昔ながらのキャンプ場。

www.nap-camp.com

駅からは本当にすぐだった。5分かからないくらい。ただし、キャンプ場にたどり着くにはかなりの急勾配を下る必要がある。下るということは帰りは上らなくてはならないわけで、これがなかなかキツかったが、2泊3日の間で何往復かしてると慣れる。人の体はすごい。ちなみに、駐車場はこの急勾配の上なので、テントを立てる場所まで荷物の運搬が必要だ。

設備としては炊事場、かまど、トイレ、シャワールームと一通り揃ってるが、炊事場のシンクから出るのは水のみで、トイレは洋式、和式が各1つずつプラスだれでもトイレの洋式が1つ。ウォシュレットはなし。こまめに清掃してくださっている様子だが虫は普通にいるし、臭いも全く無いとは言えない。シャワールームは使わなかったので不明。(使ってる人はいないようだった。)

かなりお安いキャンプ場で、率直に言って民度は低い。夜、炊事場のシンク一面に米粒が広がってるのを見た時は絶句した。子供らは誰にも注意されること無くのびのびと河原に大きな石を投げ込んでよそのテントに水しぶきを飛ばし、焚き火のそばを走り回る。

色々書いたが、場所としては最高に良かった。目の前を流れる川はとてもきれいで、橋の上をSLが走る景色も堪能できる。河原に直で焚き火できるのも楽だ。口コミどおり管理人のおばあちゃんも感じの良い人だった。徒歩15分くらいのところに日帰り入浴させてもらえる旅館があるし、さらに5分ほど歩くとローソンもある。別立てして書くが、徒歩圏内に観光できるような場所もあって思いがけないプラスアルファの楽しみまで経験させてもらえた。色々あった原因はほぼ『人』だったので、行った時期が悪かったんだと思う。冬季は休業するらしいが、深い秋とか、まだ寒いうちの春とかに行ったらきっともっと楽しめる。あまり神経質な人でなければとてもオススメできるキャンプ場だった。


今回の設営①

今回の設営②

目の前の景色はこんな感じで最高だった

ただ飲み物飲んでるおばさんもこんなに絵になる

1本だけ通るSLをなんとかカメラに収められた


②に続く。

www.ribbons-and-laces-and-sweet-pretty-faces.site




★キャンプの記事も増えてきました www.ribbons-and-laces-and-sweet-pretty-faces.site