star_of_bba’s diary

甲状腺、卵巣と立て続けに手術したのち台湾旅行に行きました。

退院してから現在までの様子(チョコレート嚢腫の腹腔鏡手術)

f:id:star_of_bba:20171112235000j:plain

◆お腹の痛みについて
 腹腔鏡は痛みが少ないとか書かれているのをどこかで読んだような気もするが、多い少ないは比べられないもののハッキリ言って痛い。手術直後から痛む。甲状腺の手術をした時より患部の痛みを感じる。お腹の中がズーンとしてるような、攣ってるような、打たれたような痛み。手術後、4日間は処方された痛み止めの薬を飲んでいたが、それでも痛かった。退院時、看護師さんから、痛かったら市販の鎮痛剤使ってねと言われたが、処方された薬を飲み切ってからは回復度合いを感じたかったので痛み止めを使わなかった。使わなくてもまぁ日常生活を送れるくらいの痛みではある。でも痛くないことはない。退院してから4~5日は痛いなぁと感じながら過ごすことが多かった。少しずつ減って普段は痛みを感じなくなるけど、退院から10日経った今でも時々、日に数回はキューッと掴まれたように痛むことがある。

◆お腹以外の痛みについて
 術後感じていた肩の痛みは退院して2~3日で消えた。本当に消えるのかなと疑うくらい強い痛みだったけど、嘘みたいに消えた。これは鎮痛剤で軽くなるような感じの痛みではなく、消えるまでずっと痛かった。肩こりのスーパー激しいやつみたいな痛み。湿布を出してもらったけど、結局貼らずじまいだった。貼らなくても消えた。それから、退院直後から発生しだしたのがお尻の穴の奥の痛み。女性の中には生理の時感じる痛みと言えば分かる人がいるかもしれない。お尻の穴の上の方?奥の方?が突き上げられるように激しく痛む。お通じを出すと治まったりマシになる。私は生理痛として経験していた痛みだったのだけど、術後は生理でもないのに同じように痛むし、しかも生理の時より痛みが強いし、けっこう凹んだ。調べてみると、癒着が原因で起こる痛みらしい。癒着が原因ってことは今後ずっと付き合わなくちゃいけない痛みかなと怯えていたが、退院して10日経った現在、ほとんど感じることが無くなってきた。(手術してないのにこの痛みが分かるって女性は一度病院に行くことをオススメします。子宮内膜症の症状です。)

◆療養期間について
 一応、会社には退院後2週間の休みをもらっている。入院前、主治医に仕事復帰までどれくらい休んだ方がいいか聞いてみたが、かなり返答に困っていた。退院するころには簡単な家事くらいならできるようになっている。それ以降は人それぞれなんで・・・という感じだった。一般的に、どうしても答えを求められたらなんて言います?とさらに突っ込むと、1か月かなぁ・・・と返された。1か月は長いような気がして、しんどかったら延長しようと思いながら事前の申請は2週間にした。これを書いている時点で退院日から10日経っているのだが、今の感触では、1週間にしなくて良かったと思っている。やっぱりなんだかんだで疲れやすいし、痛みがあったからだ。この状態なら2週間経てば大丈夫じゃないかなと思っている。

◆不正出血について
 術後すぐから血は出る。そういうものらしい。看護師さんには、1日1個のナプキンじゃもたないくらいだったり、2時間おきにナプキンを替えないと間に合わないくらいの量だったらすぐ教えてね、と言われた。退院してから2~3日はえ、マジで?ってくらいしっかり血が出た。しかもけっこう鮮血だ。少しビビる。ただ、言われていたような量にはならなかったので様子を見てた。4日、5日と経つうちにゆっくり量が減っていった。退院から10日経過した現在は、薄く色がついたオリモノが出てる感じ。まだパンツだけで過ごすにはちょっと危険かな~というくらい。ちゃんと止まるんだ~と感慨深く見守ってる。私は入院するまで子宮内膜を剥がれやすくする「ディナゲスト」という薬を飲んでいて、この薬の影響でずっと出血が続いていた。もしかしたらそれもあって血が多かったり出てる期間が長かったりするかもしれない。

◆薬について
 術後は抗生物質と痛み止めだけ出された。術前は、2か月くらい前から「ディナゲスト」という薬を処方された。生理を止めて、子宮内膜を剥がれやすくする作用があるそうだ。処方されて1か月くらい経ったころ、結構な量の出血が4~5日続いた。生理を止める薬だから生理ではないと主治医に言われたが、ぜんぜん普通に生理っぽい量だったし、生理痛みたいに激しい腹痛も起きた。この時だけしんどかったが、あとはダラダラと常に少量の出血が続くくらいで腹痛などは起きなかった。私は子宮の内膜がかなり厚くなっていたらしく、たぶん出血続くよと予告されていたので、出血に関してはそれほど不安を感じなかった。ただ、続けていくうちに食欲の増進が半端なかった。どこまでもどこまでも食べられた。結構、恐怖だった。手術のタイミングでいったん止めているが、再発防止の薬としてこれが候補に挙がっている。次回の診察で相談することになりそうだけど、深刻な副作用は無いものの、出血のわずらわしさ、食欲のやばさ、費用(ジェネリックでも5,000円/1か月かかる!)を考えると、できれば他の薬にしたいと思う。

◆傷について
 傷跡はほとんど目立たない。特に、おへその左右にできた傷は1cmないくらいの長さで、なんかちょっと虫刺され?くらいにしか見えなくなってる。実際、治りかけてきてるのでかゆい。おへそと、足の付け根はもう少し長いがこれも細くてまっすぐな線であんまり手術跡っぽくない。どこも触ると少し硬くなってる。おへそだけは退院してすぐくらいは時々ピリピリするような感じがあったけど大したことない。それより見た目で驚くのは、よくある話らしいのだが、内出血ができていたこと。私は足の付け根の傷のそばにできた。股間を正面から見た状態を▽とすると、左辺=右足の付け根の傷近くから、上辺の半分くらいまでの距離が黒と青と紫のまだら模様になっていた。内出血に関しては事前の説明が無くて、病院にいる間は気づけなかったので最初見つけた時は声を上げるほど驚いてしまった。ただ、大げさな見た目のわりに痛みは感じない。だんだん黄色く薄くなっていって、今はうっすら黄色いかな、というくらい。手術の内容考えたら、穴から器具入れてがちゃがちゃ動かすわけだしできるもんだろうなと想像つくけれど、それにしたって事前に知りたかったなと思ったので皆さんにはお伝えしておきますね。

 

★退院してから1か月経過した状態はこちら↓

www.ribbons-and-laces-and-sweet-pretty-faces.site


↓すみません、お手間じゃなかったら押してください。
ブログランキング・にほんブログ村へ