star_of_bba’s diary

甲状腺、卵巣と立て続けに手術したのち遊び歩いてます。

甲状腺

かかっている病院の紹介

そういえばどこの病院にかかっているか具体的なことに今まで触れていなかった。子宮内膜症も、甲状腺の濾胞腺腫瘍もそこそこ大きな病院に通っている。私個人としてはどちらも良い病院だと思っているが、たぶん良い病院だと思わない人もいるだろう。これは病…

人間ドックデビューした話③(検査の様子)

前回の続き↓ www.ribbons-and-laces-and-sweet-pretty-faces.site いよいよ各検査の様子。問診票と、各検査が終わったかどうかのチェックシートが挟まれてるバインダーを持ちながらスタッフの方に案内されて病院内をあちこち歩き回って検査を受ける。検査の…

人間ドックデビューした話②(受付~着替え)

前回の続き。↓ www.ribbons-and-laces-and-sweet-pretty-faces.site 実際に人間ドッグを受けた流れ。 8:15頃、大手町駅に到着。若干迷いながら何とか病院のあるビルまでたどり着いた。平日朝&大手町駅と言う場所柄、スーツ姿の男女で駅はごった返してた。駅…

人間ドックデビューした話①(受診する病院の選択)

突然だが、おかげさまで今年40歳を迎える。40。不惑の40。実際は惑いまくってるが、とりあえず身体だけは立派な中年だ。なんていうか、今まで20歳、25歳、30歳、35歳と、節目っぽい歳がやってきても特に何も感じず、むしろいえーい大人、たーのしー!くらい…

病気の時に試した代替医療と今も残っている習慣について

人間、繰り返すことがきっと大事。何度もtwitterを通してお題箱への投稿をお願いして、また2つお題をいただいた。本当にありがとうございます。どんな質問にもがんばって答えるので、どうかネタをください。 代替医療で食事を変えたりとかはしましたか?(代…

甲状腺(濾胞腺腫瘍)を取る手術後の外来診察(半年ぶり4回目)

甲状腺の手術から1年と1か月が過ぎて、前回の外来診察からは半年後の診察に行った。 www.ribbons-and-laces-and-sweet-pretty-faces.site 私の通っている病院は甲状腺の病院として非常に有名で、空いているという事がまずない。予約という制度も無く、医師に…

病気になって初めて分かった、喜べない思いやり

今回はあまりお役立ち情報じゃないかもしれない。心からの思いやりで病人に掛けられた言葉を聞いて、その思いやりには応えられないなと感じた二つの言葉について。 「おかえりなさい」 卵巣の手術で、大学病院に入院した時のこと。以前も書いたが、大学病院…

甲状腺の手術(甲状腺片側摘出術)の傷跡(10ヶ月経過・写真あり)

甲状腺の手術をしたのが2017年1月上旬。今これを書いてるのが11月上旬なので、ちょうど10ヶ月経った。 手術の傷跡は、長い間不安になるくらいくっきりハッキリしてた。さすがに半年も経てば、傷!という痛々しさは無くなったが、赤みがなかなか消えない。日…

医療保険加入の勧め(入院と手術費がまかなえて何ならプラスだった話)

先日、費用についての記事を読んだ友人から、この記事のお金と医療保険は別?と聞かれたので、医療保険についても書いておこう。 まず、医療保険は健康保険とは全く別のもの。健康保険は、自分や自分を扶養している人が働いてる会社、または住んでいる市区町…

大部屋に入院した経験から個室と大部屋の入院生活について考えてみた

私は甲状腺も卵巣も、追加料金がかからない6人部屋に入院した。 たいていの病院では医療費に入らない自己負担のお金を追加すれば、一人部屋だったり、二人部屋だったり、シャワーつきだったりする部屋へのグレードアップが可能だ。自己負担額はどちらの病院…

入院する時の服装で気を付けるべきこと

服装?別に病院と往復するだけだし何でもよくない?って思うじゃん?私も思ってた。 まず、甲状腺。退院するときは首の傷がまだ目立つ。傷に貼られる保護テープは一応濃い目のベージュっぽい色だけど、自分の肌の色とは全く違う。傷の長さも横に10cmちょっと…

甲状腺の手術と卵巣の手術でかかった入院費用について

費用について、とにかく真っ先に伝えたいのは「“限度額認定証”は絶対用意した方がいい」ということ。健康保険では、実は自分が支払う医療費の上限が決められている。上限の金額がいくらかは収入≒納めてる保険料によるが、とにかくこの上限額を超えると、超え…

濾胞腺(甲状腺の)腫瘍/卵巣腫瘍(チョコレート嚢腫)の自覚症状について

ブログのネタ切れを予感しているため、お題箱というサービスで病気に関して知りたいこと、詳しく書いてほしいことなどを募集していたら、初めて書いてほしいことをいただいた。ありがとうございます。なので、そこそこストックしている下書き記事から今週も…

入院する時必要な持ち物・あると便利な持ち物

入院の際、病院から指示された持ち物とか、指示されなかったけど持っていって良かったものとかについて。病院から指示があったもの◆パジャマ、下着、タオル パジャマは甲状腺の病院でも、卵巣の病院でもレンタルがあったのでそれを利用した。院内でレンタル…

手術の内容(濾胞腺腫瘍)

そういえばどんな手術をしたのか書くのを忘れいていた。甲状腺の方は、甲状腺片側摘出術、という名前だった。前の記事でもちらっと書いたが、甲状腺は首の喉仏よりちょい下にある、蝶々みたいな左右対称の形をした器官で、私の場合は左側に腫瘍ができて、腫…

術後の診察と手術の傷跡(甲状腺片側摘出手術)

手術の傷は、痛くはなかったけどそれなりに大きかった。 ★どんな内容の手術だったかはこちら↓ www.ribbons-and-laces-and-sweet-pretty-faces.site 終わった直後は白いサージカルテープというのが傷口に対して垂直に5~6枚貼られている。終わった直後に貼ら…

手術直後からの様子(甲状腺片側摘出手術)

メモを取っていたのは手術当日までだったので、ここからは記憶頼り。まずは手術の直後から自分の身体にどんなものが付いていたのか、どんな様子だったのか書いてみる。☆身体についてたもの・酸素マスク 術後3時間、安静にしている間はずっと付けてた。後半に…

入院4日目/手術当日(甲状腺片側摘出手術)

前回の続き。 10:47いよいよ午後手術。6時過ぎに起床した。朝から何も食べてはいけない。担当の執刀医がやってきて私の首に黒いマジックのようなもので印をつけていく。「ちょうどいいシワがありますね。ここに沿って切れたらいいですね。」気遣ってくれてる…

入院3日目(甲状腺片側摘出手術)

前回の続き。 8時朝だ。朝ごはんだ。いよいよ明日だ。だんだん怖くなってきた。宮部みゆきさんの新刊読み終わる。ハードカバーでクッソ分厚いのに持ってきてしまった。でもやっぱり持ってきて良かった。今日の21時から何も食べられなくなる。頑張って今日た…

入院2日目(甲状腺片側摘出手術)

前回の続き。 6時半目が覚める。途中起きることもなくすんなり寝られた。7時朝ごはん。あまりお腹が減らない。減らないのに全部食べた。煮物とか汁物の出汁使う系全般がすごくおいしい。11時今回は遅れずお風呂に入れた。浴槽へお湯をためようと目論んだけど…

入院初日(甲状腺片側摘出手術)

甲状腺で入院した時は逐一メモを残してて、ツイッターでもpostしたやつだけど、それを少しいじりながら載せることにする。***************************************10時10分前夫と一緒に病院到着。大部屋だけど割と広いスペースがカーテンで区切られてる。カ…

病気になってからの心境(卵巣、甲状腺どっちも)

始めに甲状腺の異常が見つかり、立て続けに卵巣も異常が見つかり、やっぱりかなり精神的に参った。一番ひどかったのは卵巣の異常がわかって、大学病院でMRI検査をして、その結果を待つ間だった。これだけ情報に溢れてる世の中だし、さんざんインターネットに…

手術前検査(甲状腺の摘出手術・卵巣嚢腫の腹腔鏡下摘出手術)

手術が決まると、様々な術前検査というものを受けました。これは甲状腺のときと、卵巣のときで共通点が多かったのでまとめて紹介。()内にどちらの病気でやった検査か書いておきます。・採血(卵/甲) これは術前に限らずしょっちゅう。血管が細くて採りに…

濾胞腺腫瘍が見つかった経緯と手術を決めるまでの流れ

きっかけは会社の健康診断でした。 会社で行われる年1の健診。いつも通りに苦手な採血目つぶってがんばって、いつも通りにまっずいバリウム飲んでグルグル回されて、いつも通りに笑い上戸なおじいちゃん先生の問診受けて、毎年着実に増えてる体重笑われて終…