star_of_bba’s diary

甲状腺、卵巣と立て続けに手術したのち遊び歩いてます。

家づくり記録(3)方針定まる

f:id:star_of_bba:20200112200853j:plain:w110


【前回までのあらすじ】
ぼんやりと予算が決まった

www.ribbons-and-laces-and-sweet-pretty-faces.site



だいたいいくらくらいまでなら出せそうだ、というのが分かったところで、じゃあ自分たちはどういう物件が良いのか?という話になった。

ここからは本当に人それぞれ、正解が違うのであまり参考にしないでほしい。


■マンション?

まず考えたのはマンション。なぜ最初に考えたかというと、予算的に一番手が出しやすそうだったから。だがマンションは中古か新築かの検討に至る前に止めた。理由は↓のとおり。

  • 将来手放したくなって売ろうとした場合、戸建と違って土地が無いマンションは物件そのものに価値が必要。そうすると人気のあるエリアで、かつ駅チカじゃないと売りにくい。駅チカ、人気エリアのマンションは予算的に到底手が出ない。

  • ローンとは別にずっとかかり、おまけにだんだん値上がりする修繕積立金や管理費という存在を嫌だなと思った。

  • この先もどんどん人口は減っていく。マンションの住人の数も減るのではないかと考え、そうすると諸々に対する1人あたりの負担が増えると思った。

  • 修繕積立金を払わない人がいるというニュースを見た。


私達夫婦に共通している価値観なのだが、『自分たちのことは自分たちでなんとかするから他人は他人で頑張ってほしい』という思いが根底にある。他人から迷惑を被るかもしれない集合住宅、向いてないのでは?という結論になり、割と早い段階でマンションはやめよう。ということになった。


■じゃあ戸建

マンションは嫌だというのは分かった。そうすると残るは戸建だ。戸建の場合、新築か中古かの2択から、さらに新築の注文住宅か建売住宅かという選択肢も増える。

戸建を検討し始めて一番最初に除外したのは建売住宅だった。理由は感覚的な話でしかないのだが、『魅力を感じない。』これだった。建売住宅はできあがった状態の家を売るので、欲しいと思う人をできるだけたくさん集めて買われる可能性を上げる必要がある。そのため、多くの人に人気のある設備、人気のある間取りで作られていく。ポピュラーとか、流行とか、そういうものに背を向け続けて生きてきた自分が魅力を感じなかったのも当然の成り行きかもしれない。

こうして、新築の注文住宅か中古というところまで絞り込んだ。この2つはどっちでも良いなという感じだったので、出会った物件で決めようということにした。

なんとなくほしい物件の種類が決まった。そして2人とも今住んでいる地域が結構気に入っていたし、都内の中では相場が安めだったこともあって、エリアもあまり検討することなくまぁこのへんで探せば良いんじゃなかろうかと決まった。不動産情報サイトで土地や中古住宅を探す日々が始まった。

2人とも、今住んでるマンションの広さにはそこまで不満が無かった。あとほんの少し、ひとまわりくらい広がればいいと考えていた。戸建で今のマンションのひとまわり大きいサイズとなると、かなり小さめだ。予算からも、標準的な広さの土地には手が届かなさそうだったし、注文住宅なら小さい家が良さそうだという希望をもった。土地や中古住宅の検索と並行して、狭小住宅の情報を調べ始めた。

そんな中、夫が友人からもらった本で伊礼智さんという建築家の方を知った。そしてこの方が考案した『i-works』という企画型の注文住宅に、私も夫も魅かれていった。




≪≪ 前の話 家づくり記録(2)ファイナンシャル・プランナーに相談だ - star_of_bba’s diary

次の話≫≫ 家づくり記録(4)初めての完成見学会 - star_of_bba’s diary



↓目次はこちら

家づくり記録 目次① (1)~(10)1度目の検討
 家を作ろうと決めたきっかけから家づくりを1度諦めるまで。

家づくり記録 目次② (11)~(23)建築会社決定
 1度諦めた家づくりに再トライして建ててもらう会社を決めるまで。

家づくり記録 目次③ (24)~ 建築開始
 家を建ててもらう会社が決まり、土地の購入から建築工事の開始まで。