star_of_bba’s diary

甲状腺、卵巣と立て続けに手術したのち台湾旅行に行きました。

子宮内膜症(卵巣)の腹腔鏡下手術後7か月め外来(ジエノゲスト再開3ヶ月経過)

f:id:star_of_bba:20180425170803j:plain:w110

ジエノゲストを再開して3か月経過し、また診察に行ってきた。

これまでの通院の様子はこちらからどうぞ。↓

卵巣(チョコレート嚢腫)の腹腔鏡下手術後、1か月後外来の様子 - star_of_bba’s diary

チョコレート嚢腫(卵巣)の腹腔鏡下手術後、4か月外来 - star_of_bba’s diary

子宮内膜症(卵巣)の腹腔鏡下手術後5か月め外来(ジエノゲスト再開1ヶ月経過) - star_of_bba’s diary

今回は予約時間ぎりぎりに受付を済ませたせいか、あまり混んでいるようには見えなかったが、前回と違って1時間程待ってからの診察だった。

番号を呼ばれて診察室に入る。いつものように「調子はどうですか?」と聞かれる。「おおむね順調です」と答えた。「おおむね?」「はい。やっぱり出血が止まんないです。」「そっかー。」医師が少し考えるように黙り、こちらの様子を伺うようにしながら「・・どうする?やめる・・・?」と聞いてきた。うーーーーん。。。。止めてからの生理の事を考えると、「はい、やめます。」と言えない。「だいぶ出血量は減ってきてるので・・・もう少し続けてみます・・・。」悩みながら答えた。「ピルにしてみる、って手もあるけどね。ピルにして、定期的に出血させる。」ピルか。ピル。うーーーーん。。。。。

自分なりに調べて、ピルももちろん子宮内膜症の治療薬の候補にあるのは知っていたが、副作用の血栓が気になるお年頃の40代をまもなく迎えるため、いまいち乗り気になれない。

「・・・まぁ、ピルでも不正出血が起きないわけじゃないしね。とりあえず、また2か月分出すね。診察は・・・いいよね?」診察=エコーだ。別に調子悪くないし、はい、と答えて問診だけで診察は終了した。

会計はスムーズに終わり、また前回と同じように処方箋を手に持ったまま病院を後にして薬局へ直行した。ここでも、人は違ったが前回と同じように薬剤師さんから不正出血のことを聞かれた。「ん~まだちょっとだけあるんですよね。」と答える。「やっぱりそうですか。何日くらいあります?」何日・・・くらい・・・だと・・・・?「いや、、毎日、です・・・。」そうですかぁ。治まるといいですねぇ。お大事にどうぞ。そんな会話をして会計を済ませて薬局を出た。

医師の反応や薬剤師さんの言い方から、少量でも毎日あるのは不正出血が多い方に入るのかもしれないと感じた。が、ジエノゲストは1年とか半年とか、長期的に服用される薬でもある。とりあえずまだ3か月しか経っていないし、もう1ターン様子を見て考えてみたいと思う。


おかげさまで薬を変えなくても大丈夫かもしれない兆しが見えてきた一時的に減ったものの本当に一時的でした↓

www.ribbons-and-laces-and-sweet-pretty-faces.site